格安飛行機、各社の比較

旅行にはお金がどうしてもかかってしまうものですよね。そんな中でお金を抑えられるなら抑えておきたいのが交通費です。ここでは飛行機について見てみましょう。
日本には貨物航空会社を含み25社の航空会社があります。その中で近年4社から格安飛行機が出ています。1社目のピーチ・アビエーションは関西国際空港を拠点としており、座席の種類はファーストシートからスタンダードシートの4種類準備されています。個人料金があり、5人以上から適用の団体料金も取り扱っています。2社目のジェットスター・ジャパンは国内線のみですが、一部のコンビニエンスストアから航空券が買えたりと手軽にチケットが手元に届くことができます。また、航空機内で購入したお酒を飲むこともでき、目的地に到着するまでの時間、晩酌を楽しむこともできます。3社目のバニラ・エアは手荷物が20kgまで無料で持ち込むことができ、国内のほかにアジア圏の韓国・台湾・香港にもいくことができます。航空券わくわくバニラは期間等限られていますが1000円(手荷物代は別途必要)で搭乗券は購入することができます。4社メガネの春秋航空日本は国内線のみで、搭乗者数は少ないですが、広々としたシートが用意されています。すべてボーイング機を導入しています。
それぞれ格安飛行機にも独自のサービスがありますので、何に重きを置くかで選ぶことができます。