格安飛行機は危険ではないのか。

一昔前まで飛行機での旅行をしようとしたら、5万円は最低限交通費として見ておかなくてはならないほど高級な乗り物でした。しかし格安航空会社による格安航空券が次々と発売されて近年はバスや新幹線と同等若しくは飛行機の方が安い場合すらある状況になりました。
そのような中で私達利用者が一番心配な事は格安飛行機の安全性です。やはり格安なだけあって整備が不良だったり、定員をオーバーしているにもかかわらずフライトを決行しているのではないかと不安になる方もいると思います。しかし格安飛行機だからと言って整備が疎かだったりするわけでありません。
安全面でのコストカットをしているのではなく、機内サービスが簡素化されていたり、手荷物を預ける際に有料だったりと今まで飛行機特有の手厚いサービスを最低限のサービスで補うことで人件費を削減したり今までの飛行機では無料だった所のサービスを有料にすることで低価格の料金設定を実現しています。海外旅行なら機内サービスも必要ですが、国内旅行に関しては機内サービスがなくてもフライト時間は短いですし、手荷物に関しても預ける程の量にはならない場合が多いです。移動する手段として格安飛行機は非常に優秀です。